建設業許可を受けるメリットとデメリットは?

建設業許可を取得すると、請負額が500万円以上(建築一式工事は1500万円以上)の工事を請負うことでできます。
さらには、取引先の信用力が高まることも期待できます。
デメリットは、一定の変更事項が生じたときの変更届や、毎事業年度終了ごとの決算変更届など、許可行政庁に提出すべき書類があることです。